視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.231「タイ会社紹介(76):”見える化”物流システムが売りの物流・倉庫業会社 」

ASEAN RYOKO No.231「タイ会社紹介(76):”見える化”物流システムが売りの物流・倉庫業会社 」

弊社の「タイ会社紹介」で是非紹介して欲しいと依頼を受けましたので、早速同社を訪問し、 駐在員のKさんに取材させていただきました。

実はこの会社、前々回紹介しましたパイプ加工メーカー(L社さん)の物流部門なんです。 場所はピントン工業団地の近くで、物流倉庫が集まっている一画にありました。

現場を案内していただき、同社独自で開発した”見える化”物流システムの説明も受けましたが、 大きなモニターで作業の進捗状況の共有化が出来る点が特徴です。

以下がL社さんの会社概要です。

  • 日本本社は広島県
  • タイ拠点設立:2013年4月(操業開始:2014年4月)
  • 従業員数:25名(内日本人 1名) 
  • 業務内容:物流と倉庫業及び自社開発の物流システムの外販
  • 主要顧客:自動車メーカー、自動車部品メーカー他

<L社さんの特徴と強み>

  • 客先ニーズに合わせた物流提案が可能
    →個建、車建、積み合わせ、ミルクラン、デポを活用したJIT納入対応他
  • 倉庫業としても多様な展開が可能
    →製品保管、詰め替え、検品、システムを使った在庫管理等、
      お客様のご要望にひとつひとつお応えします。
  • 独自開発の”見える化”物流システムを活用し、仕事の効率化を実現
    →大型モニターを使った「見える化」で、予定に対する作業の進捗管理を共有
    →タイの仕事環境、タイ人の性格を考慮し、進捗はパーセンテージで表示
    →モニターの色管理で作業者への意識付け(赤は遅れ→危険)
    →バーコード管理でトレーサビリティーが容易(客先へ情報開示可能)
    →サーバーは日本本社にあり、遠隔操作でトラブル対応、アップデート可能です。
    →システムは客先のご要望に合わせてカスタマイズできます。
  • ”見える化”物流システムの外販
    →長年の経験、ノウハウを基に独自開発したシステムの外販にも力を入れています。

※今回ご紹介したN-S社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス: http://www.ryokotrading.co.th/

Download as ePub
カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です