視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.229「タイ会社紹介(75):パイプ(丸棒)の切断~成形~曲げの一貫生産メーカー」

ASEAN RYOKO No.229「タイ会社紹介(75):パイプ(丸棒)の切断~成形~曲げの一貫生産メーカー」

今回、ご紹介するのは2015年に一度会社紹介させていただきましたが、それ以降新規に切断機、NCパイプベンダーを設備投資されて加工範囲が広がっています。

そこで、あらためてL社さんを訪問し、取材させていただきました。

駐在員のMさん曰く、いままで自社で加工できなかった形状ができるようになり、また、外注に出していた作業も内製に取り込むことで、コスト低減、納期短縮ができるようになったとのことです。 以下がL社さんの会社概要です。

  • 日本本社は広島県
  • タイ拠点設立:2013年4月(操業開始:2014年1月)
  • 従業員数:15名(内日本人 1名) *製造部門のワーカーは10名
  • 業務内容:パイプ・丸棒の切断、ヘッダー成形及び曲げ加工(プレス/ベンダー)
  • 主要顧客:自動車部品メーカー
  • 主な保有設備:
     →切断機-1台
     →フォーミング(ヘッダー成形)-2台
     →プレス機(45t-1台、60t-1台)
     →NCパイプベンダー(30型)-1台
     →リークテスト装置-1台
     →洗浄機-1台

<L社さんの特徴と強み>

  • 切断~ヘッダー成形~曲げまで自社一貫工程で対応可能
     →曲げ形状やロットサイズにより、プレス or NCベンダーの使い分けが出来ます。
     →NCベンダーの能力はφ30まで、曲げRは100Rまでです。(SUS、鉄材OK)
     →プレス曲げはφ6~φ12.7
     →「この形状しかできない」から「この形状も可能」の提案型に進化しています。
  • 小ロットから大ロットまでフレキシブルな対応が可能です。
  • ヘッダー成形は自動機を使って加工と同時に寸法検査も自動で行えるように設備を工夫しています。
  • リークテスト装置、洗浄機を導入したことで、エアーパイプなどパイプ内に圧力がかかる部品も検査できるようになりました。

※今回ご紹介したL社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス: http://www.ryokotrading.co.th/

Download as ePub
カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です