視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.228「タイ会社紹介(74):中厚板を得意とする製缶メーカー 」

ASEAN RYOKO No.228「タイ会社紹介(74):中厚板を得意とする製缶メーカー 」

今回、ご紹介するのはシーラチャー地区にある、中厚板を中心に切断、開先、曲げ、穴明、溶接まで一貫製作できるS社さんです。

同社は2018年4月に工場移転に合わせ設備も増強し、客先の様々なニーズにお応えできる体制を作っています。

さて、以下がS社さんの会社概要です。

  • 日本本社は新潟県糸魚川市
     (タイ以外に中国に海外工場を持つ)
  • タイ拠点設立:2012年3月
  • 従業員数:30名(内日本人 1名)
  • 業務内容:金属の製缶加工(板切断、開先、曲げ、穴明け、溶接、機械加工)
  • 主要顧客:建設機械、輸送機器、産業機械メーカー他
  • 主な保有設備:
    →レーザー切断機-1台(定盤サイズ:3.1m×19m、可能切断板厚:1.6mm~12mm)
    →プラズマ切断機-1台(定盤サイズ:2.5m×14m)
      (可能切断厚:1.6mm~25mm *ガス切断時-25mm~100mm)
    →ガス溶断機-1台(定盤サイズ:3m×13m、可能切断板厚:25mm~200mm)
    →開先機-1台(可能板厚:6~50mm、加工角度:0~50度)
    →ブレーキプレス-1台(400t、間口寸法-4m)
    →溶接機(CO2):350A-2台、500A-4台
    →ラジアルボール盤-1台(φ50まで、アーム寸法-1500mm)
    →マシニングセンター-1台

<S社さんの特徴と強み>

●少量、多品種の対応が強み
 →1個からでも対応が可能です。
 →100個から数百個程度のロットサイズを得意としています。
●3種類の切断機で多様な切断厚に対応可能
 →薄板はレーザー、中厚板はプラズマ、厚板はガス切断と使い分けできます。
 →現状の流動サイズ:2.3t~90t
●板切断だけでなく、開先、曲げ、機械加工、溶接と一貫した社内加工が可能
 →付加価値の高い製品の提案、提供
 →社内一貫生産による品質の確保

中厚板を得意とする製缶メーカー 中厚板を得意とする製缶メーカー 中厚板を得意とする製缶メーカー 中厚板を得意とする製缶メーカー

※今回ご紹介したN-S社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス: http://www.ryokotrading.co.th/

カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です