視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

お客さまの困った、困った

お客さまの困った、困った(^^ゞ Vol.94「ハイステンレスボルト」

今回もボルトのご紹介をさせて頂きます。

ステンレス製なのに低温にも高温にも対応できる高圧用ボルトがございました。これまでコーティングをして錆を防いだり、耐熱性であったりする製品はありましたが、ステンレス製ではあまり聞いたことがありませんでしたのでご紹介させて頂きます。勿論類似品はあるそうです。

1. 高強度
一般ステンレスの A2-50、A4-50 と比べて約 4 倍の耐力を有します。
(備考:A2=SUS304・SUS304L など、A4=SUS316・SUS316L、50=軟質 70=冷間加工)

引張強さ・耐力比

 

2. 軽量化
そのため締結部品周辺の軽量化が計れます。

同等の降伏荷重に対するサイズ・重量比

 

3. 耐低温(高強度でも低温衝撃エネルギー吸収)
一般的に合金鋼(Cr-Mo 鋼、Ni-Cr-Mo 鋼)などでは低温域で脆くなり、-100℃での衝撃
吸収エネルギーは 20~30J程ですが、本製品は 80J以上の値です。-196℃でも極度の
脆化は生じません。

 

4.高温 高温域でも高強度
高温でも耐力の低下が少ないため、高温高圧の過酷な環境下での使用が可能です。

高温域の強度比較表

以上(メーカ自主検査比較)

補足
・六角ナット
当該ボルトに嵌合されるナットとして保証荷重応力 1’000MPa を満足するナットです。
成分はボルトと同成分とし、形状は JIS 及び ASME(ANSI)に対応いたします。
今回もお問い合わせお待ちしております。

カテゴリー: お客さまの困った、困った   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です