視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

RYOKO TIMES

RYOKO TIMES「耐熱塩ビについて」

営業開発部の各担当が、日々の業務を通じて感じたこと、おしらせしたいことを、週に1回交代制で発信する【RYOKO TIMES】。

第16回の今回は、木川より発信します。

今回は温水などで使用する「耐熱塩ビ」の配管材を簡単にご紹介します。

同じ製品でも複数の名称があります。
・耐熱性硬質ポリ塩化ビニル 
・耐熱塩ビ 
・C-PVC 
・HT
・スーパーパイプ(旭有機材)
どれも正解なのですが、弊社ではHTかC-PVCの名称を使用しています。

次は耐熱温度についてご説明します。

最高使用温度は90℃ですが、許容圧力は温度条件により異なります。
「JIS K6776 耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管 呼び径13~50」の規定では最高許容圧力が5~40℃で1.0MPa 71~90℃だと0.2MPaとなっています。
呼び径50以上についてはメーカーで規定した資料がございます。

樹脂製で90℃以上の温度は材質「PP(ポリプロピレン)」をご案内しますが、流体条件や耐用年数等によって使用可能な条件が異なる可能性があるので、選定に注意が必要です。

ご不明な点がございましたら、弊社営業までお問い合わせをお願いします。

※それぞれのメンバーは毎月2回、各自の担当のお客様にメール配信をしております。
 気に入ったメンバーがいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
 配信先に加えさせていただきます。

カテゴリー: RYOKO TIMES   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です