視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

お客さまの困った、困った

お客さまの困った、困った(^^ゞ Vol.141 「様々なインターロック」

これまで何度かこのインターロックをご紹介して参りました。
この商品は元々、お客さまからご紹介頂き知り得た商品です。
設計の方に呼ばれインターロックをバルブに取り付けて欲しいとのご依頼でした。
よって弊社もバルブ用に特化して展開して参りましたが、今回はインターロックの新しいバージョンをご紹介させていただきます。

※「なぜ機械式インターロックなのか?」
1.キー交換ユニットを使用することにより、1つの電源遮断を複数のドア(部屋)の開閉条件に使用できます。モニターなどで可視管理する必要がなくなり、配線工事も削減されます。

2.機械的インターロックに付属する安全キーも持って危険エリア内に入る事で第3者による機械の予期しない起動を防ぎ、インターロックの機能を維持します。

 

参考例1.ロボット溶接セル

このロボット溶接セル安全システムは、セルの電力が遮断され、設定された停止時間後に機械が制御されて停止されたときにのみ、作業員がセルに入ることを許可する必要があります。ロボットセル内へのアクセス後、トラップキーシステムは複数のオペレーターが安全キーを持ち込む事によりメンテナンス時、第3者による予期せぬ起動を防ぎます。

参考例2.コンクリートミキサー

工業用コンクリートミキサーには、機械的インターロックで保護された複数のアクセス扉があります。
定期的な清掃のため、設置された安全システムのもとでこれらのアクセス扉が開かれます。ミキサーの電源スィッチが機械的に遮断された後のみ、扉内へのアクセスが許可されます。

参考例3.アプリケーション要求条件

2つの安全柵に囲まれたダブルパッカー機には、広範な保護が必要です。安全柵のシステムは全て機械(稼働部部)電源が遮断された場合にのみ、作業員と保守要員が危険エリアへ入る事を保証する必要があります。

以上のシステムは参考例ですが、目的によって他にもインターロックがあります。
ご要望に応じカスタム品をご紹介できると思いますので是非ご相談下さい。
お待ちしております。

カテゴリー: お客さまの困った、困った   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です