視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

お客さまの困った、困った

お客さまの困った、困った(^^ゞ Vol.140 「デッキパネル」

倉庫内の荷物の移動はフォークリフト、台車、ローラーコンベアのいずれをお使いでしょうか。すべて使っておられる所も多いと思いますが、いずれも使わない方法があるのをご存知でしょうか。

まずは、下記の画像をご覧下さい。

いかがでしょうか?

この「μ(ミュー)デッキパネル」を使うと動き出す荷重を約 1/5~1/9 まで下げることができます。

 

1.摺動性能(滑りやすさ)

μデッキパネルは、一般樹脂製の箱やパレットを使用することにより摩擦係数が下がります。よって簡単に移動作業が楽になります。

 

2.強度性能

先に上記のURLの動画でご確認頂きましたように「フォークリフト」が乗っても問題ありません。下記の破壊実験表もご参照下さい。

 

3.摩耗性能

μデッキパネルは樹脂製品です。従って毎日使用すれば必ず摩耗してきます。
摩耗状況はそれぞれの状況によって異なりますが、このμデッキパネルは摩耗しても摺動性能はあまり変化致しません。

 

4.耐光性能

材料はポリアセテールです。従って対薬品性などには優れていますが、紫外線には脆い材料です。しかし、耐光試験結果では強度は約30%劣化しましたが、摺動性能は変化しないと思われます。

 

5.安全性能

  1.  形状(つまずかない)
    ブロックの薄さ(8mm)のためつまずきにくい形状となっています。
  2. 耐滑性
    滑っているものを止めようとする力(動摩擦力)は高いため、タイヤ、靴などその他のものは滑りにくくなっています。
    ※但し、μデッキパネルはPP(ポリプロピレン)製の製品箱やパレットに対しては摩擦係数(μ)を低減しておりますのでご安心下さい。
  3. JIS規格
    JIS規格には「耐滑性」について規格が制定されています。
    「靴底の動摩擦係数 0.2 以上を耐滑性あり」と規定されています。

6.導電性

「導電性μデッキパネル」は上記の機能に加え高摺動材料+導電材料を開発しました。

  • 試験結果:帯電試験U値 6.6
  • 最大耐電位:13V
  • 漏洩抵抗値(Ω):1.0 x 10 x 5 乗以下

ご連絡お待ちしております。

カテゴリー: お客さまの困った、困った   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です