視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

お客さまの困った、困った

お客さまの困った、困った(^^ゞ Vol.132 「亜鉛除去・自動開先加工機 受注」

今年の 2 月に発信しました下記の商品を覚えておられますか。
パイプ・継手の亜鉛を除去する研削機です。
PRさせて頂きましたのは昨年でしたが、その後、ご契約を頂き今年ご購入頂きました。
写真はメーカーから説明を受けテスト稼働をして頂いているとこです。
動画も撮影させて頂きましたが、アングルがうまく撮れずメーカーから開先加工をしてい
る動画を入手して添付いたしましたのでご覧ください。

 

もう一度前回ご案内した製品の特徴をご紹介いたします。

 

特徴

1.継手の亜鉛除去

継手を回転させ、内外面除去を行います。
エルボ類は、カメラ式センサーが位置を認識し天板を傾動させて亜鉛除去を行います。

 

2.様々なパイプ・継手に対応

パイプはSGP、STPGに対応、継手はエルボ、チーズなど全48品種に対応。
外面被覆はオプションとなります。

 

3.施工スピードが、大幅UPします。
パイプと継手が同時加工で生産性がさらに向上します。

 

4.溶接欠陥ゼロ

亜鉛除去を行うことでブローホールなど溶接欠陥を防ぎます。

5.亜鉛ヒュームの発生を抑制

6.TIG溶接も問題なく溶接加工

内外面の亜鉛除去でTIG溶接も可能です。

 

7.開先加工(パイプのみ)

現在、30°の開先を全自動で行います。ルート面の幅を自由に変更可能です。

ルート面の幅は自由に変更できます。

以上がこの「パイプシェーバー」の特徴です。
各自治体での「ものづくり補助金制度」も年に2回~3回行われるようになったそうです。
このような公的資金の補助金も活用され是非ご検討ください。

ご連絡お待ちしております。

カテゴリー: お客さまの困った、困った   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です