視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.251「ファイバーレーザー切断機」

ASEAN RYOKO No.251「ファイバーレーザー切断機」

弊社のお取引先のO社さんが最新のファイバーレーザー切断機を導入されました。
早速、その性能と従来機と比べていかに優れているかについて取材してきました。
代表のKさんは、これがあれば仕事の範囲が広がり、お客様に原価低減、品質等でいろいろと提案することが出来ると仰られていました。
さて、以下がファイバーレーザー切断機の概要です。

●ミラーレスで汚れないため、レーザー出力が落ちず、メンテナンス費用もかからない
<従来機との比較(4kw-レーザー、プラズマ>
・出力:4kw→8kw
・切断厚:12mmMAX→25mmMAX
・精度:厚板が薄板と同じような精度で切れる(後加工必要なし)
・切断速度:
 →薄板(2.3mm前後):約10倍速い
 →中板(6~8mm):約3~5倍速い
 →厚板(12~25m):約3倍速い

●使用ガスはエアーも使え、用途によって3タイプの切替え可能(酸素、窒素、エアー)
(酸素)
 切断厚:8~25mm(従来機は~12mm)、速度-△、切断面-○、ガスコスト-○
(窒素)
 切断厚:~9mm(従来機は~3,2mm)、速度-○、切断面-◎(酸化被膜なし)、ガスコスト-△
(エアー)
 切断厚:~8mm、速度-◎、切断面-○、ガスコスト-◎

●コストダウンに繋がるご提案例
・板厚10mmで従来の4kw機に比べて切断費用が半分
・9mmまでの板厚なら、窒素を使って切断面の後加工(サンダー仕上げ)不要
・小ロットのプレス部品は材料歩留り、金型費用を考えるとメリット有り

(ご参考)以前ご紹介したO社さんの会社紹介記事です。
http://www.ryokotrading.co.th/2015-06-24%2013:51:20-NDI=

※今回ご紹介した ファイバーレーザーにご興味のある方は、RYOKOの長井まで
ご連絡をお願いいたします。
きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス: http://www.ryokotrading.co.th/

 

 

 

カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です