視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

日本のものづくり会社紹介
  • HOME
  • » 日本のものづくり会社紹介 » 日本のものづくり会社紹介(80) : 鋼板加工技術を「創意」「熱意」「誠意」で社会に役立つ製品をお届けします

日本のものづくり会社紹介(80) : 鋼板加工技術を「創意」「熱意」「誠意」で社会に役立つ製品をお届けします

株式会社KAITAKは広島県安芸郡海田町に本社を置き、高精度・高品質をめざし独自技術でオンリーワンを目指す薄中板の精密板金加工を得意とする会社です。

同社は呉市で創業。1964年に安芸郡海田町へ会社を移転し、シャーリング加工を始めた後、1969年に株式会社海田金属として会社を改組、高度成長期と共に加工領域を徐々に拡大し大きく成長しました。シャーリング加工に続き、タレットパンチング加工、ブレーキプレス加工、レーザー加工など市場が求めている設備を同業者に先駆けて導入し、最先端の精密板金加工が出来るまでの会社に成長しています。加工領域は板金加工にとどまらず、パイプ曲げやアングル曲げの他に溶接・組立・調整・検査・表面処理まで一貫したモノづくりが出来るのも特徴で、得意な板厚領域は1.6㍉から16㍉を中心に少量品から量産品までお客様のご要望に短納期で対応します。

最新の導入設備は、ヤマザキマザック製の次世代レーザー加工機「OPTIPLEX 3015DDL」。あまり聞きなれない名称ですが、DDLとは「ダイレクトダイオードレーザ」の意味で、導入は同社が広島初だそうです。特徴は、①熱吸収率が高く歪が発生しにくい ②エネルギー変換効率が非常に高く省エネ ③短波長のレーザビームが薄中板やアルミ、銅、真鍮などの高反射材において高速切断が可能 という超ハイテクな設備で今後、同社のレーザー加工技術をさらに高めてくことでしょう。

今年(2019年)の1月に株式会社海田金属から株式会社KAITAK(読み:カイタック)に社名変更し「可能性を広げていき、開拓する」という意味が込められている通り、新規事業で自社ブランドを立上げる為、インテリア商品の開発をされています。自社の設備を活かし鋼板で製作するので、社内で検討したオリジナル商品をすぐさま目で見て、出来栄えや雰囲気を感じる事ができるので楽しみながら開発されています。ちなみに鋼板は表面処理をすることで暖かみや風合いがでて、リサイクルも可能という環境にやさしい素材なのです。
販売方法は未だ検討中との事ですので、楽しみに待っていたいと思います。

以下、株式会社KAITAKの会社概要です。

  • 本社 : 広島県安芸郡海田町
  • 創立時期 : 1957年5月 (設立時期:1969年10月)
  • 資本金 : 3, 000万円
  • 従業員数 : 50名(2019年11月現在)
  • 業務内容 : 精密板金加工、製缶・溶接加工・各種鋼材販売
  • 主要顧客 : 建設機械車両関連メーカー、特殊車両メーカー、送風機メーカー、水門メーカー、橋梁メーカー、建材メーカー、他
  • 保有設備 : シャーリング/3台、レーザー加工機/5台、タレットパンチプレス/1台、ベンディングマシーン/8台、ベンディングロール/4台、アングルベンダー/1台、リングフォーマ―/2台、パイプベンダー/1台、Co2溶接機/7台、アーク溶接機/2台、TIG溶接機/2台、MIG溶接機/2台、窒素発生装置/2台、バリ取り機/1台他

<株式会社KAITAKの特徴と強み>

●大型のシャーリングとベンディングマシーンで、最長6mの長尺鋼板を切断し折り曲げ可能です
●広島発の次世代レーザー加工機「OPTIPLEX 3015DDL」で、超高精度な切断が可能です
●加工量は中小企業の中では、業界トップクラスの生産能力をほこります

株式会社KAITAKにご興味のある方は、菱光産業株式会社 企画部ソリューションチームの宮本までご連絡をお願い致します。

TEL 082-832-3349
FAX 0828323359
Email info@ryokosangyo.cojp

 

ものづくり企業ポータル(サイト)をリニューアル致しました!
本格的には去年の 2 月からスタートしたので、まだ小さなサイトですが徐々に大きくしていきます。随時、掲載企業を募っておりますので是非ご検討頂きたく宜しくお願い致します。

https://www.plant-haikan.com/

Download as ePub
カテゴリー: 日本のものづくり会社紹介   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です