視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

  • HOME
  • » RYOKO NEWS » 今週の見える化情報 「備品管理の改善実例」

今週の見える化情報 「備品管理の改善実例」

社内の無駄を改善し、効率化・省エネ化・美化を目指す「見える化プロジェクト
毎回様々な視点から職場環境の改善を行い、その実例を発信しています!
今回は「備品管理の改善実例」をお届けします。

以前の取り組みで掃除用具の管理方法を改善し、ほうきに番号テープをつけて数を管理るようにしたのですが・・・。

<before>
皆が好き勝手にほうき置き場に戻すた
め、順番がバラバラ。
置き場所のラインからはみ出している
ことも・・・。

<after>
ほうき一本ずつの区画をラインで区切
り、床に対応する番号シールをつけま
した。

 

ほうきが収納できる幅ぴったりになるようラインテープを増やして、番号シールを貼ると
いう超お手軽改善ですが、劇的にキレイに収納されるようになりました。
床に番号が貼ってあるだけで、社員全員が無意識的に同じ番号同士を揃えて置き場に戻すようになりました。

いつも掃除の後に乱雑に置かれているほうきを、気づいた人が並べ直すという手間が発生していましたが、今では番号通りにきちんと並んでいるので余計な手間がかかりません!
ちょっとした工夫で楽にキレイな状態を作れるアイディアのご紹介でした。今後も社内でアイディアを出していきたいと思います!

次回の「今週の見える化情報」もお楽しみに!

カテゴリー: RYOKO NEWS   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です