視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

日本のものづくり会社紹介

日本のものづくり会社紹介(75) : 耐衝撃工具で世界へ挑戦し続けます

今回、ご紹介する会社は岡山県美作市に本社を置き、主に耐衝撃工具を製造・販売されているオサカダツール株式会社をご紹介します。

同社は 1966年に「小阪田熱処理工業」を創業、1969年に「小阪田熱処理株式会社」を創立され、熱処理メーカーとして多くの技術を磨いてきました。1989年に現在の「オサカダツール株式会社」に社名変更し、その卓越した熱処理技術を活かし「電動ハンマー用チゼル」や建設機械油圧ショベルのアタッチメントに使用される「油圧ブレーカー用チゼル」という耐衝撃工具を製造・販売することで順調に成長してきました。

美作市は「チゼル」の発祥の地で、一貫生産しているメーカーは国内に 4 社しかない非常にニッチな産業です。同社は業界 2 位の会社で、材料の調達から機械加工、熱処理、検査、出荷まで自社で行い、現在では海外取引にも積極的に参画しています。「芯入チゼル」では 2014 年にカナダの企業と専属契約され、さらにはオーストラリアや東南アジアにも積極的に営業活動をしています。

「芯入チゼル」という商品は、先端部に日本で開発された特殊鋼を圧入することで、耐摩耗性に優れ作業効率を大幅に向上させ、海外では真似の出来ない商品です。また、独自で開発した「スリットチゼル」は、破砕作業で打撃部分に溜まった破片がスリット加工部に沿って外に排出することで、くい込みが良くなり作業の効率化が図れます。またスリット加工により、摩耗しても先端部の尖った状態が保たれる構造になり耐久性が大幅に向上し、従来の「ポイントチゼル」に比べ作業効率、耐久性が約 1.8 倍にアップしました。

何にでも挑戦、チャレンジし優れた技術に基づいたより良い製品をお客様へお届けすることで社会に貢献し、さらに職場の環境整備(5S)にも積極的に取り組み、未来を牽引する企業として成長し続けております。

以下、オサカダツール株式会社の会社概要です。

  • 本社 : 岡山県美作市
  • 創立時期 : 1969 年 5 月 (創業時期 : 1966 年)
  • 資本金 : 1,000 万円
  • 従業員数 : 37 名 (2019 年 4 月末現在)
  • 業務内容 : 耐衝撃工具・土木建築用工具・石材鉱山用工具。鉄構工事用工具・その他各種工具の製造販売
  • 主要顧客 : 油圧ブレーカーメーカー、建設機械メーカー、工具専門メーカー、各種土木・建機レンタル会社、他
  • 主な保有設備 : 立形マシニングセンター/1 台、NC 旋盤/10 台、汎用旋盤/2 台、NC フライス/5 台、汎用フライス/3 台、自動丸鋸盤/7 台、油圧プレス/5 台、熱処理設備/12 台、他

<オサカダツール株式会社の特徴と強み>

●長年培ってきた熱処理技術をもって、自社で一貫生産しています。
●日本で開発した世界最高峰の特殊鋼を使用した「芯入チゼル」で、世界へ進出しております。
●お客様のご要望に沿った形状のチゼルを供給出来ます。

今回ご紹介したオサカダツール株式会社にご興味のある方は、菱光産業(株)ソリューションチームの宮本までご連絡をお願い致します。

TEL 082-832-3349
FAX 0828323359
Email info@ryokosangyo.cojp

<お知らせ>

ものづくり企業ポータル(サイト)をリニューアル致しました!
本格的には今年の 2 月からスタートしたので、まだ小さなサイトですが徐々に大きくしていきます。随時、掲載企業を募っておりますので是非ご検討頂きたく宜しくお願い致します。

https://www.plant-haikan.com/

<新着情報>

ものづくり企業ポータル(サイト)に松尾工業株式会社の新着情報を掲載しました。

https://www.plant-haikan.com/matsuo-kk/

Download as ePub
カテゴリー: 日本のものづくり会社紹介   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です