視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

  • HOME
  • » RYOKO NEWS » 今週の見える化情報 「社内安全の改善実例」

今週の見える化情報 「社内安全の改善実例」

社内の無駄を改善し、効率化・省エネ化・美化を目指す「見える化プロジェクト
毎回様々な視点から職場環境の改善を行い、その実例を発信しています!
今回は社内安全の改善実例をお届けします!

弊社の倉庫には天井クレーンの設備があり、入荷したパイプなどを降ろす際に使用しています。

先日、社内の安全講習が行われ、クレーンでパイプを吊って移動させている時に横を通り抜ける不安全行動が指摘されました。

倉庫と事務所の出入り口付近でクレーンを稼働させているため、営業や事務の社員も頻繁に横を通っていたのですが、万が一、通行中に吊っているパイプが崩れることがあれば大事故になります。そこで改めてルールを決め、分かりやすいよう見える化しました!

 

<改善策①> クレーン作業中は事務所と倉庫をつなぐ 出入り口は完全通行禁止! 作業前に「通行禁止」の立て看板を 出すので一目瞭然!

<改善策①>
クレーン作業中は事務所と倉庫をつなぐ
出入り口は完全通行禁止
作業前に「通行禁止」の立て看板
出すので一目瞭然

<改善策②> 事務所から倉庫へつながる扉にも 通行禁止のポスターを掲示。 「危険」という意識を喚起します。

<改善策②>
事務所から倉庫へつながる扉にも
通行禁止のポスターを掲示。
危険」という意識を喚起します。

 

皆様も改めて職場を見渡してみた時、普通に行っていたことが「よく考えると危険」なんてことはないでしょうか。社内のちょっと気になるところを「見える化」して、快適・安全な職場を作っていきましょう!

次回の「今週の見える化情報」もお楽しみに!

 

Download as ePub
カテゴリー: RYOKO NEWS   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です