視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

お客さまの困った、困った

お客さまの困った、困った(^^ゞ Vol.114「貿易実務 英語編」

ここ数年輸出入に関する業務のサポートや見積なども対応させて頂いております。先日、ネットにて貿易に関する書籍を入手したのですが、英語(基礎)の内容が記載された
ものを選んでしまいました。さすがに、メールでも英文でのやり取りはまだないのですが、折角ですから今回はその書籍の中から私が「なるほど!」と思った内容をご紹介させて頂きます。

まずは人称表現です。

① 当社/弊社/わが社 ・・・・・ We(が/は)、us(に/を)、our(の)
② 貴社/御社/ ・・・・・ You(が/は)、you(に/を)、your(の)
③ 同社/その会社 ・・・・・ They(が/は)、them(に/を)、their(の)

このあたりの感覚は当然のように使っておられる方もおられると思いますが、私がいざ書こうとするときっと悩んでいたことでしょう。特に③の三人称です。

さて、気を取り直して次です。

ご存知のように丁寧な表現に「Would You~?」や「Could you~?」で「~していただけますか?」というのがあります。Could you~?」より「Would You~?」の方がより丁寧といわれています。これはこちらからお願いするときの丁寧な表現ですが、“Would”や“Could”には、して頂いた行為に対して感謝を込めて丁寧な表現にする機能もあるようです。

 例文   We would appreciate your immediate response.
     「早急なご対応を頂き感謝いたします。」

ふつうに「We appreciate~」でも感謝の気持ちは伝わるそうですが、「気持ち」を込めながらも婉曲的に丁寧な表現にする機能があるそうです。

また、お問合せ お待ちしております。

 

カテゴリー: お客さまの困った、困った   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です