視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

相場情報

相場情報 VOL.214

今週の見出し:「下落が止まらない」 原油価格の下落が止まりません。ニューヨーク先物は一時1バレル11ドル台と21年4か月振りの安値を付けました。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞し世界の石油需要は急減しています[続きを読む]

相場情報 VOL.213

今週の見出し:「価格競争休戦」 新型コロナウイルスの出現によって世界の石油需要が激減し地球上で最も強力な産業に属する石油業界は前例のない危機に見舞われています。世界最大の消費国である米国が都市封鎖を実施しガソリンの出荷が[続きを読む]

相場情報 VOL.212

今週の見出し:「原油」 原油先物相場が反発。新型コロナウイルス感染拡大が世界のエネルギ―需要を減退させる中、主要原産国には減産合意に向かっている兆しが見れれる。 OPECプラス9日開催、10日G20もマイナス1,000万[続きを読む]

相場情報 VOL.211

今週の見出し:「相場情報 つぶやき」 外国為替ちょい円安。 株価19,000円台ここら辺が良いところか日米双方4桁の乱高下。 日本では空売り規制。 しかし先行き心配。 今後のGDP予想も極端に悪くオリンピックも1年延期。[続きを読む]

相場情報 VOL.210

今週の見出し:「下がりすぎ」 原油価格の値下がりが続いていいます。一時、18年ぶりという安値になりましたが、ガソリン、灯油が安くなるので良いことでは?もちろんその通りで消費者、原油を使う多くの産業にとってプラスになります[続きを読む]

相場情報 VOL.209

今週の見出し:「パンデミック」 先週パンデミックの様相を呈していますと書きましたところ、3月11日世界保健機関WHOより「パンデミックとみなされる」表明されました。約10年前にパンデミックという言葉を聞いた時は東京在住で[続きを読む]

相場情報 VOL.208

今週の見出し:「コロナショック」 新型コロナの終息の目処が立たず世界の経済、金融市場が大混乱に陥りプロスポーツも無観客試合、開催延期、イベントも中止、不要不急の外出は慎むなどパンデミック、コロナショックの様相を呈していま[続きを読む]

相場情報 VOL.207

今週の見出し:「原油相場下落」 ほぼ全面安となった先週は最も下落率が高かったのは原油でした。原油相場が2日早朝一時3.2%安 1バレル=43.32ドルまで下がりました。当初コロナウイルスの影響は軽微と見られていましたが、[続きを読む]

相場情報 VOL.206

今週の見出し:「原油価格3」 引き続き原油価格が下がるとどこが得するのか。前回原油価格下落すると巨額のマネーが産油国から消費国にシフトしますと述べましたが、この条件にあてはまらない先進国が米国です。米国は世界最大の石油消[続きを読む]