視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

相場情報

相場情報 VOL.174

今週の見出し:「ステンレス冷延薄板 7月契約据え置き」  5日鉄鋼新聞の記事によると、ニッケル原料価格は下落、クロム原料価格は横ばい、為替は円高に振れたためアロイ価格は前月比5千円値下げとなりました。一方輸送費などのコス[続きを読む]

相場情報 VOL.173

今週の見出し:「切板価格って何」 メーカーより薄板に続き厚板もトン/5,000円以上の値上げ方針が打ち出されました。切板価格は切断溶断した厚板のトン当たり販価で薄板に対しても使われます。とても曖昧でロットの大小、まっすぐ[続きを読む]

相場情報 VOL.172

今週の見出し: 「UACJの銅管事業売却」  6/21の鉄鋼新聞記事によると古河スカイと住友軽金属工業の統合で発足したUACJは住軽金の一事業であった銅管事業を投資ファンドへ売却するとの記事がありました。高炉品の鋼管に続[続きを読む]

相場情報 VOL.171

今週の見出し: 東京製鉄が鋼材販売価格を全品種で前月比3千~5千円の引き下げを発表。値下げは2年9カ月振り。輸入材への対抗措置と市況の底入れを図る為には時期的には良いタイミングと説明。アルミニウムの国際価格も2年5ヶ月振[続きを読む]

相場情報 VOL.170

今週の見出し: 銅建値がトン当たり1万円の引き上げ。銅は相場により変動します。関係者は常に同ベースに注目しなければなりません。銅の価格はLMEが公開する取引価格を指標に国内銅メーカーによって決定されます。当然ですが建値が[続きを読む]

相場情報 VOL.169

今週の見出し: 今回はチタン業界についてです。業界は大きく二つに分けられ、一つはチタンの原料であるスポンジチタンを生産する業界で国内メーカーは2社です。もう一つはスポンジチタンを加工してチタン展伸材を生産する業界で、国内[続きを読む]

相場情報 VOL.168

今週の見出し: レアメタルの一種であるチタンについて。三大特徴として「軽い」鉄の60%・銅の半分くらい「強い」アルミの3倍・鉄の2倍の強度「さびにくい」海水に強く、塩酸、硫酸などの酸にも強く溶けにくく、崩れにくい事が特色[続きを読む]

相場情報 VOL.167

今週の見出し: 日経平均株価続落。令和になってからの下げ幅は1,000円超に達しました。原因として米中貿易摩擦だけでなく足元の国内景気に伏兵が潜んでいるようで、海外景気に左右されない内需株の下落が関係しているようで3月景[続きを読む]

相場情報 VOL.166

今週の見出し: 日経平均22,000円割れ。米中貿易戦争の懸念が再燃し中国製品のへの関税を25%に引き上げを表明。両国の関税の応酬はすでに貿易の減少を招き景気を下押しし、企業の生産体制の見直しが避けられない状況となってい[続きを読む]