視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

相場情報

相場情報 VOL.182

今週の見出し:「韓国ウォン安」 対円、対米ドル相場でウォン安が進んでいます。1ドル=1200ウォン台となっています。 観光を訪れる日本の旅行者にとってはウォン安のメリットは受けられそうですが新たな貿易戦争を生む懸念があり[続きを読む]

相場情報 VOL.181

今週の見出し:「鉄鋼原料価格が固まりました」 鉄鉱石の10~12月積み価格はトン当たり97.5ドルで前の期より13%上昇、原料炭は177.8 ドルで14%下がりました。鉄鉱石が100ドル前後となるのは2014年7~9月以[続きを読む]

相場情報 VOL.180

今週の見出し:「ニッケル価格が4年9カ月ぶりの高値圏へ」 鉄鋼新聞記事によりますと足元ではステンレス、電池需要が堅調に推移。一方、海外鉱山の操業不調などでLME在庫は年初から約3割減少し不足バランスが継続しています。さら[続きを読む]

相場情報 VOL.179

今週の見出し:「1兆2,000億円」 鉄鋼新聞記事によると今年度の高炉3社の設備投資額の事です。直近のピークは10年前の9,000億円で増産への投資だったそうですが、今回はコスト競争力の強化に向けて老巧化した高炉設備の改[続きを読む]

相場情報 VOL.178

今週の見出し:「対中関税第4弾の発動表明」 5日大きく変動しました。電気銅建値4万円引き下げなど商品市況の下落、株価が1,000円近く下落、ドルに対する円高、元安など為替も大きく振れています。銅やニッケルなどの非鉄金属の[続きを読む]

相場情報 VOL.177

今週の見出し:「プラントでのAI活用 NO.2」 建設、電力会社から依頼の多いインフラ点検ロボットがオーダーメードから量産へ。床のひび割れを検知するロボット、ワイヤー吊り下げ式のロボット、タンクにマグネットにくっつけるロ[続きを読む]

相場情報 VOL.176

今週の見出し:「プラントでのAI活用」 ごみ焼却炉の完全自動運転化や製鉄プラントのモーター故障を予知する予兆診断ソリューションなど「プラントのAI化」の記事を良く目にします。前者は炉の燃焼画像をAIが解析し燃焼状態を監視[続きを読む]

相場情報 VOL.175

今週の見出し:「ニッケル価格 4カ月振り高値」 15日のLMEニッケル価格が4か月ぶりの高値をつけました。直近1カ月間で約15%上昇、年内最高値に迫っています。反面レアメタルの国際価格はタングステン、マグネシウム中心に下[続きを読む]

相場情報 VOL.174

今週の見出し:「ステンレス冷延薄板 7月契約据え置き」  5日鉄鋼新聞の記事によると、ニッケル原料価格は下落、クロム原料価格は横ばい、為替は円高に振れたためアロイ価格は前月比5千円値下げとなりました。一方輸送費などのコス[続きを読む]