視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.213「タイ会社/製品再紹介:生産余力がある設備を使った冷間鍛造品」

ASEAN RYOKO No.213「タイ会社/製品再紹介:生産余力がある設備を使った冷間鍛造品」

以前、生産余力がある冷間鍛造品のご紹介をさせていただきましたが、具体的な
案件が進んでいます。

切削・研磨を得意とする会社さんの工場を見学した際、大量のピンが流れているのを
目にしました。このピンは丸棒を切断したもので、社内の後工程で切削、研磨をして
完成品に仕上げます。

これを鍛造品にすれば、後工程の削減も含めてコストメリットが出るのではないかと
考えました。早速、図面をいただきT-O社さんと検討を開始しました。

結果、形状・サイズによってコストメリットが出ることがわかり、現在。工程変更等の
手続きに着手することでお客様と話を進めています。

本案件が上手くいけば、横展開して数量を増やし、更にコストメリットを追求したいと
考えています。

お客様、サプライヤー様ともにWin-Winの関係が構築できるよう、引き続き提案活動を
継続していきます、。

以前HPに掲載した紹介記事がこちら
http://www.ryokotrading.co.th/2017-01-23%2017:40:26-MTc5
http://www.ryokotrading.co.th/2017-05-29%2013:47:00-MjI3

T-O社さんの紹介記事はこちら
http://www.ryokotrading.co.th/2015-07-06%2016:43:59-Njg=

※今回再紹介した冷間鍛造品にご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。 きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス: http://www.ryokotrading.co.th/

カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です