視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.211「タイ会紹介(65):小ロットが得意なアルミ押し出し成型メーカー」

ASEAN RYOKO No.211「タイ会紹介(65):小ロットが得意なアルミ押し出し成型メーカー」

今回ご紹介するのは、アマタナコン工業団地にあります、アルミの押し出し成形のメーカー、S-E社さんです。

以前タイ会社紹介(52)でご紹介したパイプ曲げ、塑性加工、ロウ付けアッセンブリメーカーさんが工場内に別事業として設備を導入、本格的に生産開始しております。

親会社にアルミ部品を供給することが主ですが、外販にも力を入れたいとのことで、最近、工場内ラック用のアルミパイプも開発され、販売を開始しました。

アルミ異形パイプの曲げ加工の件で相談したところ、少ロットにもかかわらず前向きに検討していただくことになりました。

その打合せを兼ねて同社を訪問し、駐在員のTさん、Hさんにお話を伺いました。
さて、以下がS-E社さんの会社概要です。

・タイ拠点設立:2016年7月(稼働開始:2017年5月~)
・従業員数:11名(内日本人 2名)
・事業内容:アルミの押し出し成形品の製造・販売
・主要顧客:自動車部品メーカー他
<主な保有設備>
・直接押し出し機(4インチ-700t)×1台
・水冷テーブル(全長3m:シャワー・水槽兼用タイプ)×1基
・後方テーブル(全長20m:プラー/スtレッチャー含む)×1基
・切断機×1基
・ビレットヒーター(短尺加熱式)×1基
・ダイスヒーター(シングルスライディングタイプ)×1基
・エージング炉(2t ガス加熱式)×1基

<S-E社さんの特徴と強み>
●小ロット品が得意、また、短納期対応が可能
 →一般のアルミ押し出しメーカーのMin Lotが300kg~500kgに対し、
100kgから対応可能です。(100kg以下は要相談)
 →納期も他社が1~2ヶ月かかるところを、2週間程度で対応可能
 →スポット案件もOKです。
●金型イニシャルコストが安い
 →小物、短尺品に注力し、4インチサイズに特化
 →建材(サッシ)メーカーは8インチ、6インチサイズが普通だが、逆に4インチサイズを持っているところは少ない。
●対応可能サイズと材料
・MAX φ75、角形状-□75mm、定尺-3m(4m以上は要相談)
・材料:A3003、A6063、A6061、A3111(A3003の強度UP品)

※今回ご紹介したS-E社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail: hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス:http://www.ryokotrading.co.th/

カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です