視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

「LINE WORKS」の状況ってどうなの?

少し前からメディアなんかでも「LINE WORKS」の導⼊ニュースが流れたりしましたが、ワークスモバイルジャパンから契約顧客社数の発表なんかもありましたね。

2016 年に⽐べて、2017年度は7.8倍の契約顧客社数になり、2018年2⽉時点での契約顧客者数は約1万社になったそうですよ!?(恐らく今は1万社以上になっているのでは…)

そのうち約90%は従業員100⼈未満の中⼩企業だそうです。やはり社内で使う情報共有ツールとして、プライベートで使⽤している⼈が多い「LINE」と基本的な使い⽅が同じという取っ付き易さと、導⼊にあたってコストを抑えつつすぐに導⼊する事が出来るのが、中⼩企業のニーズにマッチしたと…そう分析しております。( ̄ー+ ̄)

特に導⼊した際に実際に社内で使う⽅々にとって違和感なく使えるかどうかというのは⾮常に重要であり、導⼊したのはいいものの、社内運⽤が浸透せずそのままフェードアウト…狙った効果を得る事も出来ずに導⼊する前に逆戻り…なんて本当に悲しい結末となるのは避けたいですからね~(^^;) 万が⼀失敗しても⾦銭⾯での損失は最⼩で済みますし…

というか、だから「LINE WORKS」を導⼊した訳ですけどね♪

⽬下の課題はどうやって「RYOKO WORKS」を使って社内ではなく、外部と繋がるかなんですけどね…

LINE」と連携すれば外部と繋がれるのですが、⾊々と制限があり思う様に使えなかったり、機能としても⼀般の「LINE」にある機能がなかったり…なので、逆に現状でもこんな⽅法があるといった情報や、使い⽅の情報があれば、お聞かせ頂きたい…むしろ是⾮!! カモーン!!!!щ(゜ロ゜щ)

後はワークスモバイルジャパンの⽅々に新たな機能の実装や開発を頑張って頂きましょう♪

4回に渡り不定期で「LINE WORKS」について書かせて頂きましたが如何でしたか?

記事を書いてる側としては、そんな事もやってるのかと、この記事を少しでも楽しんで読んでもらえれば、幸いです。別にワークスモバイルジャパンから報酬とか出てませんので

それでは〜(^^)ノシ

⻄⽥、岡⽥(記)

カテゴリー: RYOKO NEWS   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です