視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

くろーずあっぷ菱光

[タキロンシーアイ] ルミセーフシリーズ

災害が夜間に発生した場合、ライフラインが断たれ暗闇の中で避難しなければならない状況になる可能性が有ります。そんな時に安全な場所や避難所に、迷うことなく、事故やけがなく避難できるよう誘導してくれるのが今回紹介する蓄光の機能が付いたルミセーフシリーズです。

蓄光とは、太陽光や蛍光灯などの中に含まれる紫外線を吸収し、蓄え、暗い場所で自己発光することいいます。主な使用用途として時計の文字盤があり、光を当て続けなければならない蛍光とは異なります。

屋外であれば日没直後の薄暮後でも10 分間、曇天でも約5 分間光にあてるだけで自己発光します。屋内での蛍光灯であれば30 分は必要ですが、その後は12 時間も暗闇で視認できる輝度を維持します。

先日弊社では、倉庫内の階段の段鼻にルミセーフシリーズの「ルミセーフライン」の施工を行いました!階段の段鼻や床面などに簡単に施工できる粘着テープ付きライン部材です。

普段夜間は真っ暗で電気をつけないと階段を踏み外してしまう恐れのある超危険ゾーンです…。ルミセーフラインを張り付けることにより夜間、電気をつけなくても階段を認識でき安全に上り下り出来るようになりました。

もしもの備えにルミセーフシリーズの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したルミセーフラインだけでなく避難経路の誘導標識などバリエーションは豊富ですので、気軽にお問合せ下さい。

吉野(記)

カテゴリー: くろーずあっぷ菱光   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です