視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

感度RYOKO
  • HOME
  • » ASEAN RYOKO » ASEAN RYOKO No.194「タイ会社紹介(58):大物を得意とする機械加工メーカー」

ASEAN RYOKO No.194「タイ会社紹介(58):大物を得意とする機械加工メーカー」

今回ご紹介するのは、ナワナコン工業団地にあります大物の鋳物等の機械加工が得意なT-H社さんです。

弊社HPを見た会社さんから相談を受けたのが大物鋳物の機械加工でしたが、加工を引き受けてくれるところがなかなか見つからない中、紹介を受けたのがT-H社さんでした。

早速コンタクトを取り、何回かのやり取りでφ660の鋳物加工を受けてくれることになりました。

同社を訪問した際に、工場を見学させていただき、駐在員のSさんに会社概要、特徴、セールスポイントをお伺いしました。

さて、以下がT-H社さんの会社概要です。
・日本本社:愛知県西尾市
・タイ拠点設立:2005年12月
・従業員数:約80名(内日本人 3名)
・事業内容:大物鋳物等、機械加工部品の製造・販売
・主要顧客:建機メーカー、自動車部品メーカー、エレベーター部品メーカー他

<主な保有設備>
・CNC旋盤:計19台
 →縦型:ワークサイズ→MAX φ670-10台、φ350-2台、その他-1台
 →横型:ワークサイズ→MAX φ350-2台、φ300-1台、その他-3台
・マシニングセンター:計12台
(テーブルサイズ)
 →750mm×1500mm-5台、610mm×1600mm-2台、 540mm×1000mm-1台
 →500mm×1000mm-1台、450mm×1000mm-1台、500mm×950mm-1台
 →480mm×800mm-1台
・汎用旋盤×3台、NCフライス盤×1台、汎用フライス盤×2台、研削盤×1台
・検査設備
 →三次元測定器、形状粗さ測定器、他一般検査具
・認証取得:ISO9001、TS16949

<T-H社さんの特徴と強み>
●少量多品種、特に大物の加工が得意
 →大型の縦型旋盤を多数持っており、最大φ670までの加工が可能です。
●試作品~量産まで、短納期対応が可能
 →砂型を使った試作のリードタイムは約1ヶ月
 →機械加工治具(工具)の複合化で納期短縮を図る技術があります。
 →マシニングは最大1100mm×670mmまでの大きさが可能です。
●鋳物は現在、客先からの支給が多いですが、材料込みの引合いも可能
 →鋳物全般、現在検討しているのがダイカスト鋳造品

※今回ご紹介したT-H社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail:hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス:http://www.ryokotrading.co.th/

 

カテゴリー: ASEAN RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です