視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

くろーずあっぷ菱光

菱光おすすめ工作機械・周辺機器

今回のくろーずあっぷ菱光は『ヤマザキマザック株式会社』が発行しているCYBERWORLD 2017 No.51 から歯車に関する興味深い記事がありましたのでご紹介します。

歯車および、歯車組立品の全世界の市場規模は数十兆円に達すると言われ、工業の発展に伴い今後もさらに拡大していくと予測されています。

市場規模の拡大を背景に歯車加工は進化しており、複数の専用機を必要とした歯車加工が新しい加工工法では複合加工機とギアアプリケーションによって段取り変え無しの1 台で完結できるようになるそうです。

従来の製造方法に比べ、多品種少量生産においては、工程集約による加工時間の短縮や設備機械台数の削減、加工精度の向上など、生産効率の向上とコストダウンが可能となると記事に書かれております。

詳細は『CYBER WOLD 2017 No.51』 を見て頂ければと思いますが、上記のような新しい工法が確立する事により、工作機械が進化して、産業の発展につながると考えれば、ものづくりの明日は明るくなりそうな気がします。

記:森

<参照>
ヤマザキマザック株式会社 発行
CYBER WOLD 2017 No.51

カテゴリー: くろーずあっぷ菱光   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です