視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

くろーずあっぷ菱光

複合防錆剤「ラスガード」

今回の『くろーずあっぷ菱光』は複合防錆剤「ラスガード」をご紹介します。

「ラスガード」とは三菱自動車工業㈱と名研化学㈱により、海外向け在庫の防錆対策として共同開発された気化防錆剤と乾燥剤の効果を合わせ持った複合防錆剤です。

従来の気化防錆材(亜硝酸塩類)に比べ約10 倍の蒸気圧を有するブチンジオールを使用しており、鉄のみでなく亜鉛や銅、真鍮、アルミ、ニッケル、錫と多くの金属に対して防錆効果を発揮します。

従来品は、価格が高く、防錆能力が低く防錆効果が始まる時間が48~72 時間必要で安全性にも問題がありました。しかしラスガードは、従来品に比べ価格が低く2~3 時間で防錆効果が始まり、有効範囲が0.65m と大きく、効果が6 ヵ月~12 ヵ月と長持ちするうえ、成分はRoHS 対応で安全です。

また、油性の防錆と比べ製品を汚さなくてすむので脱脂洗浄工程を無くしコストダウン及び環境の改善も可能です。

ラスガードを使用した防錆は特別な梱包技術も必要なく、機械や職人いらずで新入社員でも簡単に防錆処理が可能です。より詳細が知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

岡田(記)

カテゴリー: くろーずあっぷ菱光   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です