視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

営業日誌

くらちゃんの「営業日誌」 – 30

特殊仕様のバルブをお探しのお客様対象に今回はチェッキ弁【その2】です。

(長脚スプリング)
長い脚を持つバネは、低圧力であってもスムーズにプレートが開きはじめ、全閉近くでのチャタリングを仰制します。また、閉まるときにも、プレートの動きに追従し、スムーズに閉じることができます。
p1

(スプリング設定)
チェッキバルブにとって重要なパーツであるスプリングはフレキシブルに選定しなければなりません。キューブロックは、温度、圧力、腐食性、性状などの流体条件や配管姿勢に応じて、材質やトルク、伸縮性など最適な選択を提案します。

これは、厳しい条件下であっても安定した性能を発揮し、チャタリングなどを防止することにつながります。

(低圧力損失)
バルブが完全に開いたときに、プレートとピンは本体の柱の背後に隠れるため、圧力損失を極限まで低減できます。また、スプリングの選定と組み合わせることで、低圧力であっても充分な流量が確保できます。

(省スペース)
QCシリーズのデュアルチェック弁はコンパクトなウェハー型ボディーを基本設計にしています。

ご要望にあわせて、面間寸法や接続方法もカスタマイズが可能です。
お問合せをお待ちしております。

カテゴリー: 営業日誌   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です