視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

業界のハナシ

「業界のハナシ」第1回 溶接エルボをカスタマイズする

【溶接エルボとは】
溶接エルボは角度が90度と45度、180度の3種類あり、曲げRがロングとショートの2種類あります。配管設計する場合は、既製品の曲げRと角度を採用して作図します。
12523

【配管設計】
配管設計を行う中で、90度や45度では収まらないケースが出ます。45度で振った場合干渉するので60度で図面を書く場合があります。30度や70度などレイアウトによってさまざまなケースがあります。既製品以外の角度のエルボを「端角度(はかくど)エルボ」と呼びます。

【端角度のニーズ】
基本的に既製品の90度、45度で設計しますので端角度は少量です。そのため施工工場でカットするケースがほとんどです。

【現状把握】
①メーカー手配:メーカーへ端角度エルボを注文すると早くても1か月以上納期が掛かります。
②施工工場対応:納期が間に合わない場合は、施工工場で既製品をカットして使います。60度エルボの場合、90度エルボを30度カットして作ります。

【問題点】
工場で切断した場合、切断面をグラインダ等で削って開先を作る必要があります。ドレンなど開放や低圧の配管であれば漏れの心配もあまりありませんが、高圧配管など裏波溶接を行う場合はルートフェイスやべベルを規格通り作らないと検査に合格しません。旋盤加工をする場合はエルボに直線部が無くチャックが難しいので、治具が無いとなかなか上手く加工できません。

【ご提案】
そんな角度加工の悩みを当社が解決いたします。
当社では角度加工専用のチャックを設備した工場と提携し、お客様の指定される角度に短納期で加工いたします。

【特長】
①専用治具で芯Rと旋盤の中心軸を揃えますので正確な角度設定が出来ます。
②切削の際にエルボへ球状治具を用いて真円度を確保します。

【納期】
納期は1週間から10日といったところです。超特急もご相談に応じます。

【ロット】
1個から加工いたします。材料支給でも加工可能です。

【価格】
25AのFSGPエルボを1個、60度加工した場合の加工費は約2000円(送料別途)です。明細を頂いてから見積りいたします。見積無料ですのでまずはご相談ください。

【事例紹介】
よくあるご依頼で、89度エルボという1度だけ角度変更するものがあります。用途を聞くと水平配管では液溜まりが生じるので1度だけ勾配を付けるのだそうです。

【お問い合わせ】
下記へお問い合わせください。
メール:info@ryokosangyo.co.jp
電話:菱光産業 営業部 082-832-3349
FAX :菱光産業 営業部 082-832-3359

カテゴリー: 業界のハナシ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です