視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

調達RYOKO
  • HOME
  • » 調達RYOKO » バイヤー日當のつぶやき (WEB版 No.162) ニッケルは1万6千ドル台半ばを行ったり来たり

バイヤー日當のつぶやき (WEB版 No.162) ニッケルは1万6千ドル台半ばを行ったり来たり

【鉄鋼相場】

12月12日のLMEニッケル相場は1トン当たり1万6千330ドル。
重量1ポンド当たり7ドル41セント。

前回発信の12月5日が1万6千820ドル(1ポンド7ドル63セント)でしたので490ドル下がりました。

ここ何週間は1万6千ドル台半ばを行ったり来たりしています。
LMEホームページ

【業界のハナシ】

12月13日のWTI原油価格は1バレルあたり57ドル81セント
ついに60ドルを割り込みました。

中東産油国のシェールガス/オイル潰しが目的と言われる原油価格の低価格化という見方が多いのですが、シェールガス革命はこのまま終息してしまうのか?

カテゴリー: 調達RYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です