視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

スポーツRYOKO

スポ-ツRYOKO 〈WEB133〉 【個人タイトル】

2014年プロ野球のペナントレ-スが終了し、セリ-グは巨人、パリ-グはソフトバンクが優勝しました。

これからクライマックスシリ-ズ、日本シリ-ズとまだまだ暑い戦いが続いていきます。
今回は、個人タイトルについて書きたいと思います。

前項で最多勝利の事を取り上げましたがセリ-グの最多勝がメッセンジャ-投手(阪神)、山井大介投手(中日)の13勝での受賞となり最低限15勝を僕自身期待していただけに残念でした。

本塁打王のエルドレッド選手(広島)は後半戦不振でバレンティン選手(ヤクルト)に迫られましたが怪我での離脱もあり、終盤で調子も少しは取り戻し37本での受賞です。

今年のタイトルの中で僕自身一番興味があったのは最多安打記録です。過去には200本安打を達成している選手はいますが右打者ではラミレス選手(ヤクルト)、マ-トン選手(阪神)です。

日本人右打者での最多安打記録は、1950年に藤村富美男選手(阪神)が記録した191安打です。

その記録を山田哲人選手(ヤクルト)が破りました。
新記録の192安打目を満塁本塁打で達成しました。

この先山田選手の可能性に期待したいと思います。

*2014年主な個人タイトル
        セリ-グ                   パリ-グ
・首位打者  マ-トン(阪神)    .338     糸井嘉男(オリックス) .331
・本塁打王  エルドレッド(広島)  37本    メヒヤ(西武)   34本
                             中村剛也(西武)     34本
・打点王   ゴメス(阪神)     109打点   中田翔(日本ハム)   100打点
・最多安打  山田哲人(ヤクルト)  193安打 中村晃(ソフトバンク) 176安打 
・盗塁王   梶谷隆幸(DeNA)  39盗塁   西川遥輝(日本ハム)   43盗塁
・最多勝   メッセンジャ-(阪神) 13勝    金子千尋(オリックス)  16勝
・防御率   菅野智之(巨人)    2.33    金子千尋(オリックス)  1.98
・セ-ブ王  呉昇桓(阪神)     39セ-ブ  平野佳寿(オリックス)  40セ-ブ

2014年10月14日 倉本記

カテゴリー: スポーツRYOKO   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です