視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

英語でしゃべりたいかも!?

【英語でしゃべりたいかも!? 175】 made in

「make」はよく「be made 」と受動態として下記のように表現されます。

1.Bread is made from flour.
(パンは小麦粉で作られている。)

2.The bench is made of wood.
(そのベンチは木で作られている。)

1.と2.の違いは「from」と「of」です。

「from」は製品の素材が「flour 小麦粉」のような原料。
「of」は「wood 木」のような材料。

と使い分けられています。

そして、今回のテーマ「made in」は、

①The valve is made in Japan
(バルブは日本で造られています。)
②The fitting is made in Korea
(継手は韓国で造られています。)
③The piping is made in Thailand
パイプはタイで造られています。

と、生産地を表す時に使われます。

さて、ここからが本題ですが、このような受動態(~されている)・・・・
この場合(つくられている)の主語が省略された場合、こうなります。

Made in Japan 日本製

つまり、(~されている)という受動態的な表現はされていません。
少し分かりづらいかもしれませんが、その他にも下記のような例もありますので、ご案内いたします。

Closed 閉店しました
Occupied 使用中です
Reserved 予約済み

英語では受動態ですが、和訳すると受動態的表現ではないものがあります。
この受動態は訳す時に悩む場合がありますが、また、いつかご紹介致します。

因みに、上記の例文も
①このバルブは日本製です。
②この継手は韓国製です。
③このパイプはタイ製です。

でもO.K.ですね。

次回は「invest」です。

So,see you next time.
(では、次回まで。)

カテゴリー: 英語でしゃべりたいかも!?   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です