視界RYOKO-業界情報Weeklyトピックス-

業界のハナシ

業界のハナシ 第10回 管端フレア加工

【管端フレア加工とはとは】 パイプにルーズフランジを挿入して、専用の加工機を使いパイプ端部を拡げて刀の鍔(つば)のような形状にする事を指します。溶接無しで端面にラップジョイントが付いたような形状になると言ったほうが分かり[続きを読む]

業界のハナシ 第7回 ホースジョイントのキャップ

【ホースジョイントとは】 鋼管の配管とホースを接続する場合、ホースにホースニップルを挿入して端部におねじを形成して配管とねじ接続します。ホースニップルはホースを挿入する部分がタケノコのように円錐状にフシがあるので別名「た[続きを読む]

業界のハナシ 第6回 管端フレア加工

【管端フレア加工とはとは】 パイプにルーズフランジを挿入して、専用の加工機を使いパイプ端部を拡げて刀の鍔(つば)のような形状にする事を指します。溶接無しで端面にラップジョイントが付いたような形状になると言ったほうが分かり[続きを読む]

業界のハナシ 2015.11.24 第5回 裏波溶接

【裏波溶接とは】 パイプとエルボやティーを突合せ溶接する際に接合面を密着させず、既定の隙間を開けて仮溶接した後に全周溶接を行う事を裏波溶接と言います。 【配管設計】 圧力配管や管内面からの腐食を防止する目的で裏波溶接を行[続きを読む]

業界のハナシ 2015.11.10 第4回 配管のプレハブ加工

【配管のプレハブ加工とは】 配管のプレハブ加工とは、配管工事の際に管と継手・フランジを事前に溶接加工して部品の形状にする事を指します。 【配管設計】 設計の際にプレハブ加工を指定する条件としては、①現地溶接では裏波溶接が[続きを読む]

業界のハナシ (2015.10.27) パイプのねじ加工

【ニップルとは】 パイプの両端や片端にねじ加工を施したものをニップルと呼びます。ソケットなどメスねじの継手と接合して配管します。片端にねじを切っていないものはタンクなどに溶接してねじを枝だしする場合に使います。 【配管設[続きを読む]

第2回 溶接レジューサのシーニング加工

【溶接レジューサとは】 溶接レジューサとは、口径の違う管を接続する際に使用する継手です。80Aの管と50Aの管を接続する場合は80A X 50A のレジューサを使用します。レジューサーには同芯のコンセントリック・レジュー[続きを読む]